androidとWEBアプリの可能性

近年、androidを搭載した端末製品が増加しておりそれらに対応するアプリも数多く開発されている。しかし使用用途を考えるとパソコンなど他の機器からも同じアプリが使えるほうが便利なアプリも考えられる。そこで問題になるのは、androidアプリをそのままパソコンで使うことができないということである。つまり、同様の機能を持ったアプリをパソコン用・android用・iPhone用と分けて開発しなければならない。これにはかなりのコストがかかるし、それぞれのデータの互換性などの問題もある。

これらの問題を解決する方法として、HTML5とJavascriptを用いたWEBアプリという発想になるのである。androidも4.*までバージョンがあがり、デフォルトのブラウザでもかなりHTML5に対応しており問題なく使える。また、HTML5自体、ファイル操作など今まで実装されていなかったAPIが使えるようになっており、様々なアプリを作ることができる。もちろんパソコンからのアクセスにも対応しており、古いブラウザを使用していない限り問題ない。

HTML5にしてもandroidにしてもまだまだ発展途上にあり、仕様変更が行われているのである程度注意も必要だが、うまく組み合わせることで使いやすいWEBアプリを多くの人に向けて提供することができる。最近はスマホ向けのアプリが注目されているが、スマホ・パソコンを連携せてどちらでも使用可能なWEBアプリも注目されるのではないか。

Copyright (C)2018WEBでもandroidがさくさくと使える!.All rights reserved.